製造工程

1.生産設計

生産設計のイメージ 生産設計のイメージ

お客様から預かった大事な図面を、
生産個数、材質、形状、寸法精度、製造方法など考え、
私たちが鋳造できる図面に書き換えます。

  • 生産設計の様子 生産設計の様子
  • 3Dシミュレーション 3Dシミュレーション

2.模型製作

模型製作のイメージ 模型製作のイメージ

生産設計した図面より
造形作業用の模型を製作します。
量産品は金属型、樹脂型、
単品・少量品は木型・発砲スチロールを主に使用します。

  • 木型製作 木型製作の様子

3.造型(中子造型)

造型のイメージ 中子造型のイメージ

中子とは、中に空洞(くうどう)がある鋳物を造る時に空洞にあたる部分として、鋳型(いがた)の中にはめ込む砂型です。
当社では、水溶性フェノール、ガラス硬化中子、コールドボックス、フラン中子を利用しています。

※各ラインの特徴はこちらをご覧ください。

  • 手込めライン(大物) 手込めライン(大物)の様子
  • 手込めライン(中物)・無枠ライン 手込めライン(中物)・無枠ラインの様子
  • 生型ライン(水溶性フェノール) 生型ライン(水溶性フェノール)の様子
  • 生型ライン(コールドボックス) 生型ライン(コールドボックス)の様子

4.造型(上型・下型)

造型のイメージ 上型・下型造型のイメージ

鋳枠の中に砂を詰め込み造型します。
機械込め、手込めがあります。

※各ラインの特徴はこちらをご覧ください。

  • 手込めライン(大物)の上型・下型造型 手込めライン(大物)の様子
  • 手込めライン(中物)の上型・下型造型 手込めライン(中物)の様子
  • 無枠ラインの上型・下型造型 無枠ラインの様子
  • 生型ラインの上型・下型造型 生型ラインの様子

5.造型(被せ)

造型のイメージ 造型(被せ)のイメージ

上型・下型を合わせる工程です。
下型に中子をセットし上型を被せ鋳型を組立ます。
※欠陥が引き起きやすい工程で、複雑形状の物は特に技術が必要になります。

※各ラインの特徴はこちらをご覧ください。

  • 手込めライン(大物)の被せ 手込めライン(大物)の様子
  • 手込めライン(中物)の被せ 手込めライン(中物)の様子
  • 無枠ラインの被せ 無枠ラインの様子
  • 生型ラインの被せ 生型ラインの様子

6.溶解

溶解のイメージ 溶解のイメージ

色々な種類の原材料を配合計算しそれらを溶解することによって適正な化学成分に調整し、出湯します。
主な材質:FC,FCD,FCV

  • 溶解の様子 溶解の様子
  • スターティングブロックが溶ける様子 スターティングブロックが溶ける様子

7.鋳込み

鋳込みのイメージ 鋳込みのイメージ

型に注湯します。
各製品に合った適度なスピードで注ぎます。

※各ラインの特徴はこちらをご覧ください。

  • 手込めライン(大物)の鋳込み 手込めライン(大物)の様子
  • 手込めライン(中物)の鋳込み 手込めライン(中物)の様子
  • 無枠ラインの鋳込み 無枠ラインの様子
  • 生型ラインの鋳込み 生型ラインの様子

8.解枠(ショットブラスト)

解枠のイメージ 解枠のイメージ

製品を枠(金型)から取り出す作業です。
シェイクアウトマシンで鋳枠から製品を取りだし、
ショットブラストを用いて、付着した砂を取り除きます。

※各ラインの特徴はこちらをご覧ください。

  • 手込めライン(大物・中物)の解枠 手込めライン(大物・中物)の様子
  • 無枠ラインの解枠 無枠ラインの様子
  • 生型ラインの解枠 生型ラインの様子

9.仕上げ

仕上げのイメージ 仕上げのイメージ

バリ・湯道を取り払う作業です。
※量産品などは、バリンダーを使用し作業の効率化をはかっています。

  • バリ取りの様子 バリ取りの様子
  • バリンダー バリンダー

10.検査

検査のイメージ 検査のイメージ

検査工程です。
自社:寸法精度、引っ張り、硬度検査、組織検査、UT検査、PT検査、MT検査です。
初回マーキング検査を実施しております。

  • 検査の様子 検査の様子
  • 検査の様子 検査の様子
  • 検査の様子 検査の様子
  • 自社検査機械 自社検査機械
ページ上部へ