主要設備

模型

模型材料には木型、樹脂型、金型、発泡スチロール型があります。
模型作製の工場は2階建てで、1階は模型の新作及び修理をしています。
また、3DデーターによりNCルーターを起動し、精度の高い模型も作製をしています。

  • 模型の主要設備
  • 模型の主要設備
  • 模型の主要設備
自動鉋盤 1台
手押鉋盤 1台
木工旋盤 1台
帯鋸盤 2台
丸鋸盤 1台
木工フライス盤 1台
木工サンダー 2台
NC工作機械 1台

溶解

写真左の3号炉は約50分サイクルで5tの出湯を行っています。
材質管理はQCレコーダー及び発光分光分析機による成分管理を行なっています。(設置年:1990年5月)

写真中央・右の5.6号炉はリングフードにより完全集塵を行い
50分サイクルで5tの出湯を行なっています。(設置年:2006年3月)

  • 溶解の主要設備
  • 溶解の主要設備
  • 溶解の主要設備
中周波誘導炉5t(3500kw) 1電源 2炉
高周波誘導炉5t(3500kw) 1電源 1炉
  • 手込造形ライン

    手込造形ライン

    フラン手込造型として
    2つのライン分けをしています。
    100kg~10,000kgまでの製品を
    工程の流れに沿った
    生産管理システムにより
    製品を製造しています。

  • 無枠造形ライン

    無枠造形ライン

    国内初イタリア製フラン
    無枠造型ラインを新設し
    鋳造ラインは弊社特許の
    ウエイトジャケット方式を
    採用しています。
    無枠寸法1,400×1,200×500/500
    鋳造重量50kg~700kgまで
    量産可能なシステムです。

  • 生産造形ライン

    生産造形ライン

    鋳型精度の高い静圧造型ライン
    で造型能力100モールド/H
    枠寸法850×750×290/290
    自動パターン交換可能な
    システムにより
    多品種・少量生産を行います。

砂処理

生型砂処理設備 60t/Hr
(水分コントローラ、予備混練機マルチマル、CBコントローラ)
1式
フラン砂再生設備 36t/Hr 1式

造型

静圧造型ライン(APK-5H)
(砂枠寸法 850×750×280/280、
自動パターン交換装置付、冷却時間1時間、100モールド/Hr)
1ライン
FAS無枠造型ライン
(砂型寸法 1400×1200×500/500、12モールド/H)
1ライン
フラン造型ライン 2ライン

・ライン1:単重 0.1ton~1ton、主型ミキサー20ton/H(振動造型鋳枠寸法2200×1300×1000/1000、4モールド/H)
・ライン2:単重 1ton~3ton、主型ミキサー30ton/H
・ライン3:単重 3ton~12ton、中子ミキサー15ton/H

中子

フラン中子造型ライン
(3次元振動造型機、ミキサー10ton/H)
1式
水溶性フェノール樹脂造型ライン 2本
中子造型管理ライン 1式

解枠、ショット

大物金枠付解枠設備で20ton/Hの処理能力があります。
上部はエアーカーテンにしてあり、クレーンでの作業性もよく大物枠などは反転機にて操作可能です。
大物用クレーンブラストで吊上荷重20tの能力があり、中物は専用カゴにて多数一度にショットできます。

  • 解枠の主要設備
  • 解枠の主要設備
  • 解枠の主要設備
シェイクダウトマシン 20t 1基
シェイクアウトマシン 5t 1基
大物解枠設備/大物ショットプラスト 1基

仕上げ

大型鋳物のブースには10tクレーンを設置。
小物の塗装ブースはフリークレーンを設置し作業しています。
塗装場所は6,100×4,000、3,000×3,000の広さを持っています。
焼鈍炉は30t/回積載、3,000W×5,500L×2,000Hの容積を備え、プログラムパターンは19種設置可能です。

  • 仕上げの主要設備
  • 仕上げの主要設備
  • 仕上げの主要設備
連続ショットプラストマシン(ドイツ製) 5t 1基
焼鈍炉(自動制御方式)(3000W×5500L×2000H、30t) 1基
ハンガーショット 1基
ループショット 1基

バリンダー

量産製品などの仕上げ補助として使用

  • バリンダー
コヤマ製 バリンダー(プログラムパターン19種設置可) 2基

寸法検査

検査部門ではその都度、成分分析、組織検査、UT検査、PT検査、MT検査、硬度検査、引張検査、初回マーキング検査を実施しています。

寸法検査は、自主検査、客先要求により実施します。(例)初回品、寸法変更、模型の老朽化、など。

  • 寸法検査
東京貿易製、レイアウトマシン

引張検査

  • 引張検査
  • 自社自作検査機
ブリネル硬度計 2台
アスムラー万能試験装置 50t 1式
引張硬度試験機 FTH TM150HA 1台

組織検査

  • 組織検査
  • 組織検査
発光分光分析器 1式
QCレコーダ 3式
金属顕微鏡 1台
鋳物砂試験装置 1式
磁粉探傷装置 1式
超音波探傷器 1台

その他の機械設備

  • その他の機械設備
  • その他の機械設備
  • その他の機械設備
天井走行クレーン 30/5t他 30基
モノレールクレーン 5t他 4式
ヤードクレーン 3t他 3台
エヤーコンプレッサ 6台
乾式集塵装置 11台
ショベルローダー他 14台
トラック 3t他 2台

新設設備の紹介

塗装品乾燥ライン

設置日 2016年10月
能力 60個/H
概要説明 近年、塗装品質を求めるお客様が増えましたが、新設以前は、6畳ほどのスペースで塗装作業を行っており乾燥させるための製品の置き場所や、手待ちの問題が多く発生していました。
塗装ラインでは、塗装作業の高品質化、乾燥時間低減による省スペース化(乾燥待ちスペースの減)および作業効率向上を目的とし、当設備を新設した結果、新設以前に比べ塗装生産数を大きく向上させました。

解枠砂回収設備

設置日 2017年1月
能力 解枠能力10t〜12t/H
回収量15t/h
概要説明 従来の設備では、ライン上の他の工程に比べ解枠、回収能力が低く生産力不足でした。
処理能力を2倍(10〜15t/h)に更新することによって、今まで以上の能力を発揮しラインの流れを円滑にすることができ生産能力を高めることが可能になりました。
同時に付帯設備も一新し、作業環境の改善も行いました。

集塵機

設置日 2017年4月

アクティベーター・オートフィーダー T-20型

設置日 2017年4月
ページ上部へ