仕事内容・部門構成

鋳物屋さんの仕事とは、高温(1400℃以上)で溶かした鉄を製品形状の砂型に流し込むことです。
この作業をするまでに多くの工程があります。
各工程での作業が重要視され、一人一人が責任感を持ち作業をしています。

部門構成

  • 総務部
  • 営業部
  • 生産管理部
  • 生産技術部
  • 製造部
  • 品質保証部

銑鉄鋳物製品の製造業一般 専属技術職

生産技術部 模型グループ

  • 模型作成(上型・下型・中子)
  • 木型保管・管理など
模型作成の様子

製造部 1班 3班 8班 9班 仕上班

  • 造型作業(木型に砂を詰め、砂型をつくる)
  • 抜型作業(木型から砂型を抜く)
  • 被せ作業(上下砂型内に砂型(中子)を納める)
  • 解枠作業(砂の中から製品の取り出し)
  • 仕上げ作業(研磨作業・バリ取り・塗装)

※業務を行いながら指導します。

製造部の様子

生産管理部 溶解班

  • 溶解作業(原材料を溶解し出湯する)

※業務を行いながら指導します。

溶湯作業の様子
ページ上部へ